岡山市中区のピアノ教師   ばっはさんの     日常の徒然     ♪生徒募集中♪


by bach-san
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2005年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

先輩の呼び名

いちごのクラスにも教育実習の大学生が数人来られたらしい。
その中の一人は,いちごがピアノを習い始めた頃、
あのお姉ちゃんのように弾けるようになったらいいね〜〜
と言ってた人。
発表会のとき等も先生のお手伝いを良くされていたとってもしっかりとしたお姉さんだった。
ずっと、○ちゃんって呼んでいる。
学校では先生と呼ばんといけんのかなあ〜〜〜って・・・
お互いにテレそうだな(笑)。
いつの間にか、身体はいちごの方が大きくなっていたらしい。

楽しみなのが,実習生のコンサート。
特に楽しみなのは、東京G大の先輩のクラ、T朋大のマリンバ・・・
その他、優秀な方が多かった学年のようだ。
もちろん○ちゃんのピアノも楽しみにしているみたい。
[PR]
by bach-san | 2005-05-30 18:47 | 学校

メトロノーム??

いちごの学校の部活の後輩。
とっても不思議ちゃんらしい。
話し言葉はすべて敬語。
勧誘のときに、ヴァイオリン弾いてみる??と聞くと、
この前、拝見させていただきました。
言葉の終わりはいつも〜〜です。ます。
みんなニックネームで呼ばれているらしいけど、
彼女は,先輩方の好きなように呼んで下されば結構ですって・・・
名前をもじって のだめちゃん風に呼ぶことにしたらしい。

そして、楽器は持ってるの??と聞くと・・・・・
ひいおじいちゃんの楽器があります。(ヴァイオリン)
ただ今修理中らしい。

数日後、メトロノームがあったので持ってきました。
ってこれ ↓↓

d0037608_2254927.jpg

これをわざわざ、JRと自転車で,重たい教科書の入った鞄も持ってはるばる学校に来たそうです。
載せているのはクラヴィノーヴァの上。
伴奏君見たいだよ〜〜〜
でも、これメトロノームらしい。チューナー付き。
いつ頃のものなのかな??
まさかこれも、ひいおじいちゃんの??

いちごは,楽譜に止められるクリップタイプ。えらい大きさの違いだ〜〜
[PR]
by bach-san | 2005-05-24 22:13 | 学校

デブ???

レッスンにやってきたK君。
譜面台にたててあった私の楽譜を見て、
先生ってデブの曲ひきょん??って
????
デブ???
そう書いてある・・・
それはね。ドビュッシーって読むのよ。
その人デブなん??
違うってば〜〜〜フランスの有名な作曲家なのよ〜〜〜
月の光のCDをかけてみました。
あっ、この曲知っとる,聞いた事あるって・・・・

彼のレッスンはとっても楽しい。
今日も爆笑しながら,見事Ishimineマジックにかかり・・・
そして帰るときに,靴を履きながらデブって本当はなんて名前だったっけ??
って確認して帰って行きました。

このK君、
速読の楽譜見て、さあ,反対にしてト音記号でもやってみよう〜〜って言った子です。
彼はとっても記憶力が良いので私が忘れている事を随分思い出させてくれる生徒です。
[PR]
by bach-san | 2005-05-20 19:09 | ピアノ

わざあり!!

今週はレッスン内容が充実しているというか、
迷いがない。
I先生効果、絶大。
やればできる???
でも、子供たちに聞く耳を持たせる大切さも実感。
お話ししている時,上の空??の生徒だけは、魔法も効かなかったぞ・・・
お話を聞かせる魔法は・・・・えっと・・・えっと・・・・

欲張らずに、使い方のわかっている魔法から使う事にしよう・・・
物忘れも激しくなってきたし・・・使い方忘れないうちに魔法にかかった方がお得だよ〜〜
[PR]
by bach-san | 2005-05-18 22:54 | レッスン

思い切って。。。

NETでお世話になっている I先生のご自宅まで,講座を受けに行ってきました。
ワザワザ出かけて行く価値の十分ある講座でした。
こちらである講座は,目先の事にとらわれすぎているように感じていて、
講座を受けるたびに、みんな専門家になる訳じゃないから、
という思いがいつもありました。
今日の講座では,10年後それぞれの方法でピアノを続けて行って欲しいという私の思いを
現実のものにできるかも??とやる気満々にしていただけるものでした。

あらかじめ注文しておいた楽譜をとりに梅田のS書店に行き、
新大阪3時51分ののぞみに乗って帰ってきました。
5時からのレッスン・・・間に合った〜〜〜〜
JRさん、もう少し交通費安くなりません(笑)???
そしたらもっと頻繁に行けるのになあ〜〜
[PR]
by bach-san | 2005-05-16 20:05 | ピアノ

譜読みって

どこまでの状態を譜読みっていうんだろう??
間違えないで弾けるようになったら譜読みできてる???
なんだか違うよなあ〜〜。
アナリーゼを済ませたら譜読み???

いちご,今日も新しい曲もらってたけど・・・
本当に全部の曲が譜読み???って思ってしまう。
あの〜〜
どれでも良いから,一つずつ終わらせません??

余談・・・
今日のいちごのレッスン中、バーンという音・・・
まさか???ハイ・・・弦がキレてました。
次の曲になって先生ははじめて気がつかれたみたい・・・
手慣れた感じでキレた弦を外されてました。

いつも同じ音が気になってたけど、なかなか弦がなじまないのかなあ〜〜〜
[PR]
by bach-san | 2005-05-15 18:46 | レッスン

聴音???

コロッケ行進曲(古っ・・・)をパートをわけてみんなで聴音したそうです。
誰の選曲なのかな??
2番の歌詞を初めて聴いたって・・・
私は知らないなあ〜〜〜
1番はコロッケで、2番はナポリタン・・・へぇ〜〜〜

歌詞を知りたいなあと思って検索してみたら・・・・
この曲は お料理行進曲でした。
番組は平成8年に終了ってなっていた。

こんな曲で今の高校生は盛り上がるのね〜〜〜
中庭コンで曲はお披露目だそうです。親は聞けないのか・・・残念!!

歌詞のとおりにコロッケつくってみようかな(笑)
[PR]
by bach-san | 2005-05-12 08:53 | 学校

発表会

決定したようです,いちごの発表会。
学校で,同じ門下の人に発表会の話聞いた??って聞かれたって・・・
なんて答えたの??と聞くと、
家のお母さんが,先生に発表会はないんですか??って言ったのよ〜〜
そしたら、2、3日して、会場が空いているんだけどって・・・先生から電話があったって・・・

ありのまま答えた,正直なヤツです。
憧れの素敵なホールです・・・ホールに負けない演奏して欲しいな???
って何弾くんだろう??
今はどれも譜読み中(笑)
[PR]
by bach-san | 2005-05-09 18:59 | コンサート

コンペの日程

気がつくと,5月も2週目に入る。
という事は,ぼつぼつコンペの申し込みの季節。
今年は、岡山地区と倉敷地区が日程は違うけど(当たり前か・・)
同じ会場。
どちらに申し込むか,頭が痛いところ。
家の生徒たちは全員1会場のみ。
相談は受けるけど生徒それぞれの予定もあると思うので,
申し込み会場は個々にお任せ。
私は行ったり来たり〜〜〜になるのかな。
昨年は,ほとんど同じ日程だったけど会場が違ったので、
ピアノの響き,会場の雰囲気等、助言もできたけど・・・
早く済ませて、次の準備に備えるか、じっくり仕上げて確実なものにして行くのか、
運任せの部分も出てきたなあ〜〜〜

GWはカレンダー通りのレッスンだったので、コンペの参加に関係なく、
レッスンにきた生徒,お休みだった生徒それぞれ。
私が熱くなれるような練習ができているかな〜〜楽しみだわ。
[PR]
by bach-san | 2005-05-08 20:50 | コンクール

ピアノが弾ける喜び。

思いもかけない出来事で,当たり前のはずだったピアノを弾く事が、
どんなに恵まれている事か、考える事がある。
ピアニストの舘野泉さんの復活。明日は,忘れずにビデオを撮らないと・・・
それは、将来どんな事が待ち受けているかわからない人々にも、
勇気と希望を与えて下さっていると思う。
NETで知り合った方も現在リハビリ中。
彼女は時間とともにきっと以前よりも素晴らしいピアノ弾きになるだろうな。
前向きな様子からそんな気がする。

私も数年前不慮の事故??自転車で車に当て逃げされ転倒。
そういえば,あの車は,何処に???
右手の甲の中指骨骨折という経験をした。
でもピアノが弾けなくなるとは何故か思わなかった。
2度の手術・・・
骨を繋ぐためにプラグを埋め込み・・・・d0037608_21355026.jpg
この状態で半年。4週間のギプス固定。そして,プラグを抜く手術。
手の甲の皮は薄いので,手術直前はビスが皮膚に触れて痛みもあった。

この状態で発表会でも演奏したんだけど,今思えば無謀。
それも黒鍵のエチュードだもの(笑)もっとおとなしい曲に何故しなかったの??
スクリャービンの左手のためのノクターンもよく練習したなあ。
バッハのシャコンヌも(ブラームス編)も・・・・

d0037608_21365269.jpg
手の傷は,ほとんど見えなくなったけど、このプラグが入ってたのよね。
実際に見たときには大きさに驚いた。
レントゲンでは、くっついた骨に素人の私にもはっきりわかる
6つの丸いビス穴。本当に穴が埋まるの??不安もあった。
穴があいているので,プラグが入っているときよりも骨の強度がないから、
埋まるまでは気をつけてピアノ弾いて下さいって言われたっけ。

あれから3年余り,今でもビリビリ感は残ったまま。
先日、無意識に握手してぎゃあ〜〜と言いそうになった。

この怪我で得たものといえば・・・
ピアノは多少のブランクがあっても演奏技術は戻ってくるという事。
何よりも,固かった私の音色が変わった事。
先生にも,怪我をして脱力できたから良かったんじゃないの??って言われる事がある。

ピアノが弾けるというなんでもない日常。
これってやっぱり幸せな事なんだろうな〜〜〜
[PR]
by bach-san | 2005-05-07 21:56 | ピアノ