岡山市中区のピアノ教師   ばっはさんの     日常の徒然     ♪生徒募集中♪


by bach-san
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

言葉遊び

導入の生徒の宿題で、お家の人とドレミの言葉遊びをしましょう。
そんな宿題をだしている。
ドレミ、ミファソ,ソラシ・・・・3つずつ続けて交互にしりとりのように言っていく。
それになれたら、ドミソ、ソシレ、レファラ・・・
逆も・・・・・

そして音符を教えるために呪文のように唱える、
下から線の音符、
ソシレファラ  真ん中のド  ミソシレファ

意味を理解する前に,言葉遊びとして親子のふれあいの時間を持って欲しいという気持ちも
込めた宿題。
でもね〜〜
最近は、なかなかやってきてくれない・・・・(泣)
鍵盤のドの場所を探しましょう・・・・これも以前の倍以上の時間がかかる。

ピアノって,習いに行くだけじゃ弾けるようにならない。
コンクール・・・賞に手が届いたお友達の先生は毎日レッスンをしてくれていた
そんな事言われてもねえ〜〜。一人の生徒、毎日レッスンできないでしょ。
レッスンは,ボランティアじゃなくて仕事だもの。

家庭での練習習慣をつける、これは大変な事だと思う。
学校の勉強でも,塾に行っても,家庭学習の習慣がつかないと伸びて行かない。
その習慣を付けるのは,親の役目のような気がする。
子どもって,やりなさいと一言声をかけただけでやり始める時ばかりじゃないから、
子どもの性格を良く知った上で上手に習慣付けをしてほしいな。

導入期の小さな子どもの場合は,遊びから入って行ったら良いのだから・・・・
[PR]
by bach-san | 2005-08-30 08:42 | レッスン

発表会

いちごの発表会、何とか終了。
知った顔がほとんどなので、それぞれの成長を楽しく聞かせていただきました。
いちごは、平均律のプレリュードで思わぬミス。
後で、先生に、ミスをした事はともかくその後の対処が良かったと言われてました。
音楽というのは、間違えずに弾くだけがすべてではない。と・・・
あとは、まあ、あんなもんでしょう(笑)

一昨日、赤いドレス・・・との一言で生地を買いに走り、
何とか間に合いました。d0037608_2047516.jpg
親バカだなあと思うけど、つい作ってしまう。

見頃は、サテンにオーガンジーを重ねてます。
スカートは、アンダー、ゴース、オーガンジーのうえに小花のチュールレースの
4枚重ね。
[PR]
by bach-san | 2005-08-13 20:48

のだめカンタービレ

CDブックなんて言うものを予約までして購入しました。本日発売。
私、営業している訳ではないんですよ〜〜〜

アニメの中で、コンクールの課題曲という事で海老原大作作曲の作品が出てくるんですけど、
あくまでもアニメの中でのお話なので、想像するしか無かったんですよ。
それが、このCDに入っています。このために実際に曲が作られたそうです。
どうしても聞いてみたくて予約までしたんですけどね。
HPのBBSでもよくご登場される著名な先生方が
ライナーノーツもかかれてるし・・・
ラフコンは途中までと言ってもピアノは舘野泉さんだし・・・

ロンド・トッカータ
想像を裏切らない曲でした。読者のイメージを裏切らないなんて・・・素晴らしい!!
とりあえず、自分で弾いてみたいな〜〜〜
要望出したら楽譜も出版されるんだろうか??どこに要望したら良いんだろう(笑)
演奏されているのは、作曲家のお嬢さんかな???

とにかくアニメファンの方、一度聞いてみる価値はあります。
[PR]
by bach-san | 2005-08-11 16:37 | CD

コンペの反省

今年のコンペは色々な事があった。
予想より遥かに成長してくれた生徒。ステージで実力が発揮できなかった生徒。
また、大きな失敗をしてしまった生徒。
上手く成長してくれた生徒たちは、今後新たな目標をそれぞれ決めて、前進あるのみ。
彼女たちは、夏休みに入っても嬉しくなるくらいがんばってくれてます。

問題は、上手くいかなかった子たち。単なる結果でなく、今後私自身の接し方、
レッスン内容など考えないと行けないなあと感じている子。

そんなに深刻な事ではないけれど、失敗がトラウマにならないように、
また他の事に影響が無いうちに上手く対処していかないといけないよな。

失敗には原因があるはず。昨日送られてきたピティナの特集を読みながら考えてます。
家の生徒の場合は、音楽を楽しむ、ステージを楽しむという基本が理解できていなかった。
コンペが終わって色々な話をしてみて、この子は心から楽しい、嬉しいって感じた事があるんだろうか??って思った。
ちょっぴりおめかしをしてステージに立つ。子どもはそれだけで主役になった気持ちになれる事もあるんだけどなあ。

その後のレッスン・・難しい事は望んでいないんだけどなあ〜〜どうしたら、子どもらしい
元気一杯の演奏が出来るようになるんだろう。
コンペの場合は、演奏の指導だけでなく、心のメンテも必要だと感じているけれど、
心のメンテは生徒だけでなく、その家族にも必要なんじゃないかと・・・
[PR]
by bach-san | 2005-08-10 12:41 | レッスン