岡山市中区のピアノ教師   ばっはさんの     日常の徒然     ♪生徒募集中♪


by bach-san
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

無事終了しました。

ルネスホールにテーブルセッティング、、空席が殆どない盛会になりました。
来て下さった方、ありがとうございました。

山陽リコーダーアンサンブルの方々、新幹線でヘルマンハープとともに演奏に来て下さった方、
そして一般公募で出演して下さった方、みんなに助けられたフェスティバルになりました。

タイムテーブルを作るとき一番不安だったのが一般公募の演奏時間、、、
演奏タイムがわからないので、色々な場面を想定して、、、流れがスムーズだったので助かりました。インフルエンザで学級閉鎖が相次ぐ中、出演辞退も考えられましたからね。

季節柄、会場内からピアノのバックの窓に、中庭の紅葉の見事な紅葉が見えたのも文字通り花を添えてもらった感じです。

今日は、ビデオを見ながら一人反省会をしようと思います。。
[PR]
by bach-san | 2009-11-30 07:19 | コンサート

毎年恒例??

朝晩冷え込むようになりました。

岡山は晴れの国ですから日中は暖かい日が多いですけどね。。

朝起きてみると、愛車にネコの足跡がついている季節になったようです。
夜お仕事から帰って来た愛車のボンネットは暖かいんだろうね。。

爪の引っ掻き傷がつきませんように!!
[PR]
by bach-san | 2009-11-26 09:09 | いろいろ
ギロックフェスティバルまで4日。。。

当日の役割等もいろいろ決まってきました。
サッカー大好き次女は、ファジアーノの地元最終戦を見に帰ってくるようで(笑)
翌日のお手伝いも頼む事にしました。

28日のファジアーノ選ではファジマルくんのぬいぐるみも販売されるんですね。。
そんな事より、
有終の美を飾って欲しいです。。手塚采配も後少し。。。
[PR]
by bach-san | 2009-11-24 23:11 | いろいろ

ギロックフェスティバル

本番まで2週間を切りました。
色々な事が最終段階です。。

心配な部分もありますが、後は全力で乗り切りたいと思います。

時々お問い合わせもいただいていますが、当日券あります。。
チケットはドリンク付きになっていますが、当日券でも当然、ドリンクもつきますので御心配なく(笑)

公共の会場なので、新聞等のイベント案内にも載せて下さるそうです。
盛会になったらいいなあ〜〜〜。

その前に練習だわ。。。

一度、私のソロを聴いてみたいという物好きな方も大歓迎ですよ〜〜〜
ソロ演奏もします。
[PR]
by bach-san | 2009-11-17 19:44 | コンサート

音楽発表会

生徒から、かわいい招待状を貰ったので、学区の小学校の音楽発表会に行ってきました。
次女が卒業して6年半。。。久しぶりの体育館です。

形式は以前のまま、第1部が、1、3、5年 吹奏楽部があって2、4、6年の順番です。
はじめの挨拶の1年生がいつもかわいいので楽しみにしていました。

が、、
インフルエンザの影響で学級閉鎖のある学年は延期になりました。

いきなり3年生、、、プログラム3番ですよ。。
3年と5年の合同演奏は5年生が延期のため、今日はありませんでした。

みんな一生懸命演奏していて、楽しめる音楽会でした。
だけど、、、全学年延期というわけにはいかなかったのかな??
吹奏楽はききたかったよ〜〜〜〜
ちょっと残念だったな。
[PR]
by bach-san | 2009-11-13 16:34 | 音楽全般

フェスティバルの準備

本番まで3週間を切りました。

一般公募で出演する生徒たちも、仕上げの段階です。
中学生デュオ、、なかなか面白いです。曲の中に手拍子が入ります。
手拍子が続くので、その部分を利用して、プリモとセコンドを入れ替わる事にしました。
曲の途中ですよ。。。
フェスティバルなので、見せ場も作らなくちゃね。。

ソロの人も、それぞれの持ち味がよく出てます。
ほんわかとした性格の生徒ちゃんは、ほんわかとした曲になってきています。
後は、自信を持って弾く事かな。。
ギロックの曲ってレッスンしてても癒されますね。。

問題は、私たちの演奏。。。
今回はアンサンブルもするという事で、編曲に手を出してみました。
編曲と言うほど大げさな物ではないけれど、数曲を1曲に繋げて、ピアノ+ピアニカ+パーカッションという編成です。
みんなで練習していて思うけど、このメロディーはこういう風にという曲に対する想いが普段弾いている曲以上にあります。作曲家の意図する事を考えて演奏しなさいと言われる意味がよく分かります。
みんなピアノの先生ですから、初見である程度演奏出来て、合わせの練習でみんなで曲を仕上げるというコンセプトだったはずなのですが、、、そこから大誤算でした。。
実際に音を出して、バランスをみながら手を加えたかった箇所、、それ以前の状態です。
アンサンブル経験のない先生はには伝わらない事が多すぎます。ココでは多くは語りませんけど。。。
ある意味、生徒に接する方が楽よ。。

会場打ち合わせ、プログラム等少しずつ前に進んでます。
もうひと頑張りです。。

楽しんでいただけるフェスティバル目指してます。
お時間のある方は聞きに入らして下さいね。

12月号のタウン情報誌でも紹介していただく事になりました。。
[PR]
by bach-san | 2009-11-11 10:55 | コンサート